Little Song,Tiny Song

〜友を信じる優しい声が 遠く遠く君の元へ届きますよう〜
<< 2020年03月28日のつぶやき | main | 2020年03月29日のつぶやき >>
「僕も買ってますからね」のBAY STORM(10/6放送分)
0

    JUGEMテーマ:ジャニーズ

    雪だしおとなしくしてなきゃだし、今日はレコくんの整理やら、雑誌の整理やら、と
    ちょこちょこお片付けデーv
    ↑とはいえ、胸張って言えるほど片付いてはいない(苦笑)





     

    ・「17年」がオープニングのひと言
    2002年10月4日に始まったベイストも今年17年
    放送開始日に生まれた

    ・あれあれあれ・・・
    放送開始日に生まれたのでまさに同い年
    来年が大学受験で悔しいが、嵐と同じ景色を見て走って行きたい
    これからも二宮ワールド全開のベイスト楽しみにしている

    ・ありがとうございます
    ・いやでも、もうやめよ
    ・もうそういうの・・・驚くのやめよう
    ・もう同じことの繰り返しよ、これって
    ・もう平成、仕事現場に、平成の子が入ってきて、平成の子が入ってきたんだ、って
    ・そうだよ
    ・当たり前じゃない
    ・そっちが主流に、とスタッフの声
    ・主流になってきてますよ、2020年オリンピックどうなるのかって言ったら
    ・大方多分、平成世代が活躍する年、なるよね?
    ・↑って、まさかこういうことになるとはねぇ・・・
    ・スポーツなんか特にさ
    ・また令和のさ、人が入ってきたときにみんな驚くんだよ
    ・えぇ〜・・・、って
    ・みんなまた結局驚く、この繰り返しよ
    ・我々が・・・17・・・
    ・おめでたい話ですから、とスタッフの声
    ・そうですよ、我々が衝撃を受けるメールじゃないのよ、これ
    ・17歳、ベイストが17年経ったよ、ってことのお祝い
    ・おめでとうございます、ってお祝いだから
    ・衝撃受けちゃったね

    ・じゃあ、オープニングナンバー決めよう
    ・上だっ!
    ・手がカサカサだから、真ん中とれなかった、今

    ♪マスカレード♪

    嵐のファンではない友達が凄く好きな曲と言っていて、再び聞いてみたら、昔の
    歌謡曲風のメロディーが凄くよくて、今では毎日聞いている
    コンサートの演出も大好き

    ・2015年発売されたアルバムJaponismに収録されている曲

    <どうか穏便に>
    先日実家の母と電話中に些細なことでけんかをしてしまった
    次の日になっても怒りが収まらず、単身赴任中の父に電話
    どう思う?と父に怒りをぶつけてしまった
    黙って聞いてくれたが、最後にひと言ママもおまえも愚痴をいうときじゃなくて、
    普段も電話くれてもいいんだよ、と言われ、母からもけんかの愚痴を
    聞かされていたことが判明
    愚痴を言いたいときだけ頼ってごめんなさい

    ・こういう父だから、単身赴任が成立するんでしょうな
    ・思いませんか?
    ・いい話じゃないか
    ・ちょっと、ちょっとね、寂しいんですよ、お父さん、とスタッフの声
    ・そら、そうですよ
    ・お父さんもそのところにいたら、まぁまぁまぁ、って言えたものの
    ・止める人もいないから
    ・ましてや電話でね、けんかなんかしてたら
    ・そら、そうだよなぁ〜
    ・ベストアルバムの初回盤1の置き方に迷うそうです
    ・↑ラジオネームに関連して
    ・あれ、どうやって置くのが公式発表なんですか?
    ・あれ?箱ですか?
    ・箱ごと飾る、ってこと?
    ・箱立てかけて、ってこと?
    ・そうなんだって
    ・皆さん持ってます?
    ・持ってない、持ってないんだ・・・
    ・そっかぁ
    ・あ、僕はだから、買いました
    ・基本的にはね、あまりくれないんで
    ・買うならいいですよ、っつって
    ・そこはホントにだから、200万枚おめでとう、みたいなこと言ってくれるんですけど
    ・ホントに僕も言ってますだから、買ってるんで
    ・僕が1枚も買ってなかったら、ありがとう、皆のおかげだ、嬉しい、って言うけど
    ・「僕も買ってますからね」
    ・↑はいはい(苦笑)
    ・↑流すな、流すな
    ・僕もおめでとう、って言ってます
    ・やっぱあんだけ大きいと難しいんだね
    ・でも多分飾れるように、ってことなんでしょ?ディスプレイ用っていうか
    ・凄いよなぁ
    ・そらそうだよ、60・・・3曲?入ってるんすもん
    ・凄いよねぇ
    先日、駐輪場から10mほど離れていたときに自転車が何台か倒れた音が聞こえ、
    振り向くと何人かの人で倒れた自転車を起こす作業をしていて、自分も
    手伝わなければ、と思ったが、自分がわざわざ遠くから走っていってもな、と
    考えてしまって助けることが出来なかった
    普段から考えすぎてしまって、ためらってしまって後悔することが多々ある

    ・ですって
    ・皆さんならどうします?
    ・僕だったら助けに行きます
    ・迷うことなく
    ・帽子とマスクを取って、走って
    ・なんで取るんですか?(苦笑)とスタッフの声
    ・一大事だから
    ・ちゃんと、目視して確認しないといけないし
    ・やっぱ、視界はクリアにしておかないといけないし
    ・マスクは大丈夫、とスタッフの声
    ・一応ね、怖いじゃないですかマスクの人が走ってきたら
    ・僕はちゃんと帽子とマスクを取って、駆けつけますね
    ・大丈夫ですか?っていうことで、目と目を合わせて、確認してからですね、
    ・確認しないと何人とか、チャリンコの場合だったら何台倒れてるのか、とか重要ですから
    ・僕やります、と
    ・僕がやります、と
    ・それでも反応が鈍かった場合、二宮頑張ります、と
    ・はい?ずるいってなんですか?
    ・ずるいって何?ずるいなんてことは存在しないじゃない
    ・ずるくはない、とスタッフの声
    ・ずるいは存在しないよ
    ・善の行いなんだから
    ・いや、名乗らなくたっていいんですよ
    ・名乗りたくて名乗ってるワケじゃないですから
    ・名乗るほどのものでもないんですから、私なんて
    ・仕方なく
    ・二宮頑張ります、と
    ・だって善の行い、ずるいもずるくないもないよね?
    ・結局助けませんでした、ってなっていいんですか?ってことよ
    ・これからずっと(メールの送り主は)そういう思いを抱えたまま、
    ・やっぱりあのとき、っていうたらればにかられていくんですよ
    ・たらればの呪いにかかって、あのときこうしてたら、こうすれば
    ・っていうよりかは、助けたって
    ・最後みんなで写真撮って
    ・んへへへへ
    ・全部、自転車を起こした暁にはみんなでやりましたね、って
    ・証拠写真をみんなで写真撮って、じゃ、二宮帰ります、と
    ・二宮帰ります、って言って、僕の場合は帰りますよね
    ・そんな風に言われることがあるんですか、って話だよ、こっちからすると
    ・善の行い、何もないよ
    ・このことを言って、ずるいって言う人はもう悪
    ・んへんへんへんへ
    ・悪だよ
    ・久々の善悪
    ・やっぱためらって後悔することがあるんだったら、言っておかないとダメだよね
    ・だってさ、変な話だけどさ、
    ・悪事を、それはさ違法だとかさ、そういうものさ、行為を咎められるのは当然だけど
    ・いいことをしたことで名前を言われることなんてないんだもんね
    ・ニュースでさ、今日、クドウくんが500円を拾って交番に届けました、なんて
    ・1個も見ないよ
    ・でしょ?
    ・そういう世の中なワケじゃん?
    ・実名報道だよ
    ・二宮が今日、自転車を5台起こしました、なんてニュースは流れないけども
    ・それでもね、二宮頑張って、どこかで自転車を起こしてるよ、って話だよ
    ・それをずるい、なんて言うやつは
    ・まったく同じこと
    ・報道されないのとね
    ・それこそずるいですよね、とスタッフの声
    ツメが甘いなぁ、と思ったことがあった
    本業の他に月2ぐらいでそば屋さんでバイトしている
    開店するときはロープを広げ、メニューを広げる
    その日は休日で常に満席がつづいていた
    なぜかお店に入らずのぞき込む人がやけに多いな、と思っていた
    お昼のピークが過ぎて、14時頃おばさんがやってきて、いきなり、看板が
    準備中のままだよ、と
    瞬間的にヤバい、と思い、その場に女将さんもいたので、さらにヒヤッとした
    すいませんの連呼
    営業中に直さず開店した気になっていた自分を叱ってやりたい
    お客さんが来てくれてよかった

    ・素晴らしくないですか?
    ・この統制の取れ方
    ・この・・・こうやって覗いて人いるけどなぁ、店員さんいるけどなぁ
    ・でも準備中だから、まだ・・・そっかまだあいてないのか、って
    ・とどまる統制力凄くないですか?
    ・誰も入ってこなかったワケですよ
    ・準備中だったら入らない
    ・でも反乱軍のおばさんがやってきて
    ・反乱はしてない、とスタッフの声
    ・準備中のままだぞ、ってこの反乱軍入ってこなかったら、この城あかなかった
    ・これって凄くない?
    ・看板って偉大なんだな
    ・あのシステムは、どこですり込まれるんすかね?我々はね
    ・ゴルフとかもお静かに、とか上がるとさ、
    ・ルールとして、あのルールってどっからなんだろう?
    ・俺、でも入っちゃうと思うけどなぁ
    ・だって、明らかにお店に活気があるんだよ?
    ・何時からですか?とか効いてもよくない?
    ・でも全然のぞき込む人はいるけど、お店に入ってこない、って凄いね
    ・へぇ〜、そんなことあるんだ?
    ・いい人ばっかりだな

    ・じゃあ、真ん中にしよう
    ・ゆっくり引けば引けるんだ、水分なくたって

    ♪青春ブギ♪

    コンサートでの演出がとても印象深い曲
    Are You Happy?のコンサートで5人が学ラン着て踊る姿
    とてもかっこよく、学生の私には親近感がわいた
    メンバー一人一人を表す垂れ幕もとてもかわいく印象に残っている
    一途な歌詞は心に響き、聞くたびに元気になる曲

    ・2016年に発売されたアルバムAre You Happy?に収録されている曲

    <裏嵐>
    この間のラジオで食べ物に並んだことがないと言っていたが、私もない
    最近地元ではタピオカ店に4時間に列が出来てとても驚いた
    並べて30分が限界
    パンケーキ私にも焼いて
    二ノのパンケーキなら3日並べる

    ・4時間だってさぁ・・・
    ・でも4時間並んだタピオカってうまいのかな?
    ・タピオカ自体のポテンシャルは変わらないじゃないですか
    ・でもこっちのモチベーションがどんどん上がって行っちゃう4時間待つことによって
    ・それでタピオカのポテンシャルに近づいて、だったらまだいい
    ・タピオカを越えてしまった場合、自分のモチベーションがね
    ・俺はなんか、別にあれですよ、推奨してるわけじゃないし、
    ・そんな時代じゃないからやってないんだろうけど
    ・あのー・・・ゲームが出たときに徹夜で並んだ人たちいるじゃないですか
    ・あれって、まだやりこむ時間があるから、感恩されていって満足感に変わると思うんだけど
    ・飲んじゃうじゃん?
    ・お腹の中に、とスタッフの声
    ・あれって、どういうモチベーションなんだろうね?
    ・インスタさんだ、とスタッフの声
    ・出ました
    ・もうあれの普及で世の中どんだけ情報が手に入るようになって便利になったか
    ・こういうことがあるんだ、ああいうことがあるんだ、って
    ・リアルタイムで知ることが出来てるから、ね?いいですよね?
    ・私だって、そら見るだろうし
    ・インスターとして、見てますよ
    ・インスターなの?とスタッフの声
    ・インスター、僕はインスターって呼んでますね
    ・第一号じゃないですか、僕が
    ・今、多分第一号、僕はインスターの
    ・第一号としてそれは、ただ、そっからそこに4時間・・・
    ・4時間並んだよ、って写真ですか?
    ・あ、やっぱ、ミルクティーじゃなきゃダメなんですかね?
    ・あ、いろんな味がちゃんとあるんですか
    ・色合いの問題なのかな?あれ
    ・芋の関係上、しょうがないのかねぇ
    ・あれは食感ですか?だよね?そうだよね?
    ・みんなあれですよ、インスタグラマーですよね?結局ね
    ・全然そこじゃない、僕はインスターとして
    ・第一号じゃないですか、日本できっと
    ・僕がもしアカウントを持っていて、やってたら、ホントの第一号、インスターの
    ・いやぁ、4時間
    ・確かにそうだよね
    ・じゃあ、レーダー、パズドラレーダー歩けますか?って言ったら
    ・ヘタしたら歩けるかもしれないもん
    ・ほしいダンジョンがあったら
    ・パズドラレーダーと似てるんだろうなぁ、この言ってること自体
    ・その理論としては
    ・今だったら4時間で買えますよ、っていうことだもんね
    ・この人たちの並んでる理由としては
    ・そういうことだよ、逆を言うとそういうこと
    ベイストで話題になっていたキャンプ・・・
    ・話題になってたっけ?
    ・話した、あれか
    私も行ってきた
    テントではなくコテージに泊まったが、自分たちで釣りをして食料をゲットしたり、
    火をおこしたりとても楽しかった
    アジという魚をみんなで合わせて55匹釣ったが、5という数字が嵐を
    連想させてとても幸せな気持ちになった
    大学生振りに釣ったが、二ノは最近釣りをした?

    ・ご存じですか?アジという魚を
    ・みんなで55匹釣ったんですよ、ってことです
    ・アジって海だよね?
    ・海です、とスタッフの声
    ・淡水魚でしたっけ?あれ
    ・鮎ですよね?あれはね
    ・海水魚です、とスタッフの声
    ・海際にあるのかな?だから
    ・キャンプなんじゃないの?定義としては
    ・あれ、どういう定義なんだろうね?
    ・野外で一時的な生活をすることをキャンプって言うんだ?
    ・だから、そうなんだよ、そういうところの曖昧、曖昧って言うか
    ・ちょっとサービス展開していこう、ってことなんだ?こういうのは多分
    ・釣り竿貸してくれたりとかね
    ・知らなかったでしょう?みなさん
    ・日本にはあるんですよ、そういう魚がいるんです、アジという魚が
    ・勉強ですね、本当に
    ・我々は知らなかったから
    ・55匹釣ったんすよ
    ・あのアジという魚を55匹釣った
    ・凄いじゃないか
    ・食えないよ
    ・55匹数えたのも凄い、とスタッフの声
    ・もう10ぐらいで喜びなくなりそうだけどね
    ・開いて干物にして、とか、って言うレベルだもんね、すげっ!

    ・この人だっ

    ♪明日に向かって吠えろ♪

    初めてコンサートの行ったときの1曲目だった
    歌が始まる直前の♪ダン、ダ、ダン♪に合わせて、嵐のみんながポップアップで
    登場したのをいまだ鮮明に覚えていて、思い出のある曲

    ・2000年に発売された台風ジェネレーションのカップリング

    ・10月16日に5×20クリップスが発売されますので、是非とも楽しんでいただきたい

     

    嵐/RADIO(BAY STORM) 23:41 comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      - 23:41 -
      COMMENT









      CALENDAR
      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>
      Twitter
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      読書メーター
      ヒロの最近読んだ本
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      メールフォーム
      PROFILE


      SPONSORED LINKS