Little Song,Tiny Song

〜友を信じる優しい声が 遠く遠く君の元へ届きますよう〜
<< 2020年08月01日のつぶやき | main | 2020年08月02日のつぶやき >>
「カラオケですね、完全に」のBAY STORM(3/1放送分)
0

    JUGEMテーマ:ジャニーズ
    さて、そろそろ寝る用意しないとっ!




     

    ・「待ってました」がオープニングのひと言
    毎週日曜の22時からこのベイストいつも楽しみにしている
    嵐の曲、フルで聞けたり、裏話が聞けたり何より二ノの声が聞けて幸せ
    今日も素敵な時間になりますように

    ・ありがとうございます
    ・ベイスト楽しみにしているそうです
    ・嬉しいねぇ、ホントにねぇ
    ・ちゃんと喋らなきゃいけないですね
    ・フルでかけてないときもあります、すいません、とスタッフの声
    ・嫌みを言われてるのかも
    ・お時間には限りがありますのでご了承ください、とスタッフの声
    ・フルで聞けるときもある

    ・オープニングナンバー行こう

    ♪ひとりじゃないさ♪

    この歌をはじめて聞いたときメロディーと歌詞の良さに思わず涙が出た
    カップリング曲だけど、いろんな方に知ってほしい

    ・2012年発売、Face Down初回限定盤のカップリング

    <どうか、穏便に>
    先日仕事から帰ってきて、夕飯を簡単に済ませたかったので、コンビニで
    売っているレンチンできる煮魚を買ってきた
    そこで温めていたら、なぜかいつもより魚臭かった
    レンジが止まって取り出してみたら、それは煮魚ではなく焼き魚になってしまった
    魚の姿が
    30秒、40秒で温めなければいけないものを3、4分も勘違いして、
    温めてしまった
    何か二ノは最近失敗したことある?

    ・ありますか?とスタッフの声
    ・・・・いやぁ、最近?
    ・失敗なんてしないですか?とスタッフの声
    ・そうなんですよ、結局のところ
    ・あんま言いたくないんですよ
    ・あんま言わせないでいただきたかった
    ・失敗なんて、なかなかないよねぇ
    ・したくてもできないとか、とスタッフの声
    ・うーんしたいんですよね、ホントはもはや、失敗を
    ・人生で一度ぐらい
    ・ノーミステイクで
    ・えぇ、失敗ってなんですかねぇ
    ・いや、でもホントにないな
    ・失敗するほど行動してないんだよな
    ・パズドラとかではあるけど、全然
    ・作戦の失敗?とスタッフの声
    ・だったり、手順の失敗だったり
    ・それはもう毎日やってます
    ・他にないなぁ
    ・なんかごめんなさい、なんか、ごめんんさいっ、なんかね
    ・それが失敗かもしれない
    ・ホントみんなでそうやってさ、あんまぬるま湯につけるのやめよ
    ・そうやって、楽しみに聞いている、みたいなさっきいたんだから
    ・よくないよ
    ・ピシッとした・・・
    沢村一樹さんが出ている回のVS嵐を見た
    沢村さんのマネージャーのタレコミで3分足りないお化けがいて、家を出るときに
    いつも3分過ぎている、と言うのがあった
    凄く共感できていて、3分足りないお化けのせいでいつも周りに迷惑を
    かけてしまう
    集合時間が、これだから、何時に家を出て、何時に準備を始めて、という
    計算をするが、時間の計算がどうもうまくいかず、家を出るのが遅くなってしまう
    ハッと気づくと予定より押しているのでどうしていいのか分からない
    友達との待ち合わせ、旅行の出発、ほんの少しだけ遅れてしまう

    ・遅れます?
    ・一時間前の目標にしています、大体、とスタッフの声
    ・俺も絶対遅れないんだよなぁ
    ・なんでしょうね?
    ・この、我々の世界で行くと、全く分かり得ない行為ですよね、これね
    ・これはね、一定数いて、間違いなく、で、いなくならないんすよね
    ・こればっかりはもう、そう産まれてきた自分を呪うしかないんだよ
    ・直らないよね
    ・あと、そもそも集合時間がこれだから、何時に家を出て、
    ・だから、何時に準備を始めて、って計算を俺はしたことがないよ
    ・そもそもずれる人が計算したらずれるに決まってるじゃん
    ・そうそうそう、だって、ずれてるんだもん、すでに
    ・だから、もう計算をした時点でもうずれちゃってるから
    ・その計算をしてる時間を使ってほしいですよね、とスタッフの声
    ・そうなんだよね、どうしたらいいんだろう、こういう人って
    ・なんだか分からないけど気づいたらこんな時間になってたんです、って言う人が
    ・計算してももう絶対不可能だもんね
    ・どうしたらいいんだろう?
    ・悩ましいなぁ
    ・時間を例えば、10分早くします、とかも結局自分がやってるから
    ・10分早くなってるんだよな、この時計、って
    ・あとこれぐらい時間あるんだ、ってならない?
    ・いや、難しいんだって、こういう人って
    ・まだ自覚をなさってるならば、頑張りましょうとかしか言えないですよね、とスタッフの声
    ・そう・・・、もう、ホント時間通りに出るかだ、あとね
    ・もう、Tシャツしか着れなかったら、そのまんまもう出るとか
    ・それを呪うしかないよ
    ・フル装備で行こうとするから間に合わないわけでしょ?ようは
    ・メイクが間に合いませんでした
    ・半分・・・
    ・自分を追い込め、と、とスタッフの声
    ・髪の毛とかもここまでしかできませんでした、とか、
    ・そういうことでしかないよね?
    今日はこの間学校でやらかしたことについて話す
    強面のオジサンの先生の授業の前、教室が寒かったので、暖房をつけた
    しかし、授業が始まっても教室は暖まらず、しかも若干、寒くなって
    来ているようにも感じた
    エアコン付近に座っていた私はヤバ、これ絶対冷房つけちゃった、と焦っていた
    それなのに、その日はあいにくミニテストがあり、先生は寒さに気づかない、
    テスト中で、誰も空調のことを言い出せずそのまま授業の最後まで1月に冷房を
    つけていた
    あのあと必死に謝ってみんな笑ってくれたが、あの授業は本当に地獄のような
    時間だった
    今後一切、教室の空調を調節しないと誓った

    ・地獄だよねぇ、ホントにねぇ
    ・そうそう、この間さ、俺の失敗ではないんだけどさ
    ・仕事してるときに、空き時間が発生して、車でゲーム動画見てた、ずーっと
    ・1月も1月だったんで、そのとき
    ・暖房つけてた
    ・したら、これのメールと全く同じような現象が起きて
    ・冷房が凄い勢いで出る
    ・めちゃくちゃさ、車の中寒いじゃない?
    ・だから、暖まるのも早いじゃない?
    ・でもどんどん寒くなっていくの
    ・窓が開いてるんじゃないか、っていうぐらい寒くなって
    ・なんで、こんなに寒いんだろう、って思ったときに
    ・あ、これ、エアコン、クーラーになっちゃってるんだ、と思って
    ・触ったら、たしかにクーラーになってたの
    ・寒いな、寒いな、と思って
    ・それを暖房にして、温度も暖房の温度にして、あげてやっても
    ・ずっと冷房が出てくるの
    ・いや、もうこれ寒いから、もうしょうがないから
    ・もう戻って、楽屋戻ってテレビでも見てよう、と思ってたの
    ・で、戻ってテレビ見て、仕事終わって、帰ろうと思ったら
    ・もうバッテリーが上がってて
    ・↑あははは
    ・凄くないですか?車
    ・このご時世で、珍しいのよ
    ・じゃあ、帰ろうか、って言った瞬間に上がったんだよな
    ・その前兆だったんだろうね、暖房にならないってことは
    ・なんかおかしくなってた、とスタッフの声
    ・そう、そっから30分、相葉くんが仕事終わるの待って、
    ・相葉くんの車に乗っけてもらって
    ・ごめん、っつって
    ・どうしたの?っていうから、ちょっとバッテリー上がっちゃって、とかいって(苦笑)
    ・車さんが壊れちゃってた、とスタッフの声
    ・この時代にあんな壊れ方するの珍しいよなぁ
    ・じゃあ、帰ろう、っつったら、パスン!みたいな、
    ・パスパスパスパス・・・
    ・そんな・・・ちょっと漫画的な壊れ方、とスタッフの声
    ・パスパスパスパス・・・、って、全然行かないから
    ・行こうぜ、っつってもう
    ・すいません、車が、ってなって
    ・え?何?つかないの?っつって
    ・そうなんす、パスパスパスパス・・・
    ・ずーーーっと
    ・冷房の話聞いて思い出した、すっごい寒かった、外にいるようなもんだもん

    ・これにしようっ

    ♪Yes?No?♪

    私が嵐のライブ映像の中で一番好きな曲
    ペンライトを嵐が暗闇で回していたのが幻想的できれいなので、たまにDVDを
    今でも見るし、仕事に行くときもヘッドフォンで聞いているので、是非かけて

    ・2005年発売されたOneに収録されている曲

    <裏嵐>
    先日ゴーちゃんからティッシュを受け取ったあと、二ノがお弁当ほしいブイって
    言っていた
    直後に早速ゴーちゃんがツイッターで、二ノが次はお弁当ほしいって言ってたブイ、
    今度Mステ出てくれたとき、楽屋に僕の手作り弁当置いておくブイ、と呟いていた
    さらに検索、都内、料理教室、パンダOKとの呟きもあり笑ってしまった
    次にMステに出演された際、ゴーちゃん手作り弁当があれば、是非聞かせて

    ・ちょっと時間たっちゃってますけど、とスタッフの声
    ・言ってるんだから、ゴーちゃんが、言ってるんですから
    ・言ってましたよ、とスタッフの声
    ・じゃあ、あるでしょうね、それはもう間違いなく
    ・もしじゃああったら、あれですよ、インスターにあげますよ、僕
    ・えへ、インスタグラムですね、とスタッフの声
    ・そっか、世の中そうですね、僕はインスターなんで
    ・インスターとしてそれはやっぱりどういうお弁当だったか
    ・でも、ほら、手作り弁当おいとくブイって言ってるわけですから
    ・ご飯がやっぱりゴーちゃんみたいになってて、海苔とかで
    ・キャラ弁ですか?とスタッフの声
    ・手作りですよ、だって、そこで個性出さなきゃいつ出す
    ・めちゃくちゃノーマルな手作り弁当怖くないっすか?だって
    ・またハードルが上がっていくじゃないですか、催促した上で、とスタッフの声
    ・分からない、ゴーちゃんのお弁当箱みたいになってたりとかさ
    ・そんなこと言ってたらまたやりますよ、かわいそう 、とスタッフの声
    ・そっちの方が、でもさ・・・
    ・インスタにあげるならね、とスタッフの声
    ・めちゃくちゃ普通の・・・
    ・お母さんが作ってくれた、とスタッフの声
    ・作ってくれたみたいなヤツが1個だけあったら、
    ・それは間違いなく番組で用意してもらったお弁当食べます
    ・こんなぽろっとラジオで二宮がお弁当ほしいいブイ、なんて言ったのがさ
    ・そんな熱量あったら、それはうれしいよね
    ・どうしようでも、ホントに
    ・番組で用意してもらったお弁当の配置がかわってるだけとかさ
    ・詰め替えて、その方が怖くないっすか?
    ・その方が、え?って思いません?
    ・100歩譲って普通のヤツでも、載せますよ
    ・もちろん、それは、皆さん気になってるだろうから
    ・インスターとしてはそこはね、いち早くあげないと
    ・それはちょっと何月になるんだろう?
    ・今の時点でないもんね、まだね
    ・だから、今度行ったときに、僕はちょっとなんならお食事も楽しめるMステになってしまう
    ・「ティッシュを強奪して・・・」
    ・↑自ら強奪って(苦笑)
    ・ご飯も楽しんで、歌を歌って
    ・「カラオケですね、完全にこれは、どうやら」
    ・↑おいっ!
    ・景品でティッシュ持って行った、ティッシュもらって帰ってくるみたいなもん
    ・楽しみになってきたね
    ・ゴーちゃん喜んでくれているみたいですから、お返しもせず申し訳ないですね、とスタッフの声
    ・だから、そうだね、ゴーちゃんにグッズを送ってあげよう
    ・決めたらさ、大決定したら、ゴーちゃんには1個送りましょう
    ・だって、そもそもゴーちゃんのティッシュのおかげでグッズを作ろう、って、
     話になったんですかr、とスタッフの声
    ・ゴーちゃん様々なんですね
    ・それはもちろんお送りします、とスタッフの声
    嵐さんのインスタ経歴ももう2ヶ月過ぎた
    週2回ぐらいのペースでUpしているストーリーいつも楽しく見ているが、
    相葉くんがこの間ラジオで何をUpしていいか分からない、と話していて、
    ラジオのスタジオでも撮ってみようか、と言っていた
    二ノはラジオのスタジオで二ノちゃんを探せ企画やってみない?

    ・だいぶ前に、とスタッフの声
    ・そうだね
    ・3ヶ月ぐらいか、今の3月で言うと
    ・11月だから、12月、1月、2月、3月、4ヶ月ね
    ・ですって
    ・でもそれはちょっとやめましょう、やっぱり
    ・文化放送との差がちょっと
    ・そっちが多分見てきて気になっちゃうと思うんですよ
    ・そんなことは!とスタッフの声
    ・いやいや、そっち、いえーいっ!とかやって撮って気軽にあげたときに
    ・あっちのスタジオと見る人がもし仮に同じタイミングで
    ・相葉くんがラジオ撮ってるよ、俺も撮ってるよ、なんてのが出たときに
    ・何気なく今こうやってメールが来て、じゃあやってみようか、ってやって
    ・やったときに、ちょっと見てる人が悲しくなる
    ・いやいや!そんなことないですよ、スタジオで撮ってない、っていうのが
     うちのちょっと特徴になりつつありますから、とスタッフの声
    ・だってほら、二宮くんもラジオのスタジオでやってみませんか、って
    ・これなんです、ホントに
    ・文化放送絶対、お菓子がいっぱいが入ってるバスケットみたいなの置いてあるんですよ
    ・飴が入ってる瓶とかさ
    ・飲み物もたくさん、とスタッフの声
    ・四角いサイコロみたいな日付とか、があったりとかして
    ・時計もあって、
    ・時計ないんですよ、ホントに
    ・スタジオはまぁ普通時計ありますけど、ここスタジオじゃないんで、とスタッフの声
    ・そこの差が出ちゃうと思うんですよ
    ・そういうところは拘るんですね、二宮さん、とスタッフの声
    ・このラジオのためを思って言ってる、私は
    ・こっちの方が僕は楽しいと思います、とスタッフの声
    ・ファンの人たちが見たときに、木造りの音を吸収するようなところから
    ・だって、隣で会議してれば・・・
    ・電話鳴りました、とスタッフの声
    ・見たときに不安になっちゃったらヤダな、ってことなの
    ・リスナーさんは楽しんでくれると、とスタッフの声
    ・楽しんでくれてる、と、でも、結局、木のさ、とか、
    ・ガラスの奥にディレクターさんもいて、
    ・キュー出したりして、カフが上がって、みたいなことを
    ・結構、昔とかラジオの取材とかアイドル誌さんとか入ってたりして
    ・やっぱ変わらずそこは録ってるんだろうな、って頭になってる
    ・さすがに・・・
    ・会議でしょ?完全に
    ・これでも録れるって言うのはわかってるよ
    ・この形が我々に合っている、って言うのはわかっているけど
    ・さすがにね、相葉くん、相葉くんがあげたの見てから考えよう
    ・そうした方がいいかもしれない

    ・1曲聞いてもらおう
    ・これだっ!

    ♪One Step♪

    いろんなことに悩んだとき、受験期や苦しいときに聞いて勇気をもらった
    それまで当たり前だとか普通だとか言う言葉が嫌いだったけど、♪当たり前の
    One Step♪という歌詞にとてつもなく励まされた
    是非勇気がほしい誰かにこの曲を伝えたいので流してほしい

    ・2014年に発売されたアルバムTHE DIGITALIANに収録されている曲

    ・嵐情報は・・・クドウくん
    ・え?
    ・今週はちょっと今、すいません、ってこと
    ・嵐の情報としては
    ・すいません・・・
    ・皆さんお元気ですか?とスタッフの声
    ・みんなホント元気です、
    ・みんなで河原でダッシュして誰が一番速かったか、ってのを
    ・毎朝決めてます、みんなで
    ・競争して、みんな、毎朝、揃ってね
    ・今日はね、俺だったね、とか
    ・誰が一番足速いかって
    ・小学生とか、とスタッフの声
    ・元気にやってます

     
    嵐/RADIO(BAY STORM) 23:42 comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      - 23:42 -
      COMMENT









      CALENDAR
      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      Twitter
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      読書メーター
      ヒロの最近読んだ本
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      メールフォーム
      PROFILE


      SPONSORED LINKS