Little Song,Tiny Song

〜友を信じる優しい声が 遠く遠く君の元へ届きますよう〜
<< うるとらまん的日常 | main | ヤッターマン・番宣 >>
赤めだか / 立川 談春
0
    赤めだか
    赤めだか
    立川 談春
    JUGEMテーマ:読書

    JUGEMテーマ:ジャニーズ

    潤くんがラジオでお勧めしてたしね。
    ↑って、お勧めはしてないか・・・

    前から読みたいなぁ、と思っていたので、潤くんの発言に後押しされて買っちゃいました。





    話としては、立川談志さんに弟子入りした著者が、17歳で弟子入りしようと決意する
    きっかけや前座時代の話、その中での葛藤、二つ目への昇進、そして真打ちへの昇進へと
    至るまでの周囲の人たちとのやりとりを綴ったもの。

    どれをとっても噺家さんがゆえか、文体にリズムがあるというのかなぁ。
    ホント潤くんじゃないけど、一気に読めてしまった(笑)
    だからといって、話が浅いかというとそうではなくて、引き込まれる話はいくつもあるし、
    多少なりとも専門的な話だったりする場面も、門外漢である私ですら理解できる
    説明がされてる。

    著者の師匠である談志さんというのは、多分落語界の中では異端児なんだと思う。
    少なくとも私はそう感じていて、子供の頃、父と一緒にお笑い番組?落語番組?を
    見ていたときから、そんな印象と毒舌でちょっと怖そうなオジサン、という印象だった。
    なんとなく、落語協会という括りから離れ、自分たちの道を歩んでいることも
    知っていたので、一匹狼的な印象もあったし。

    で、著者の目を通した談志さんというのが、これまた魅力的で。
    確かに、私が持っていた印象と重なる部分もあるのだけど、それとは別にお弟子さんに
    対する目のかけ方とか、タイミングとかが絶妙だなぁ、と。
    私が小さい頃から持っていた毒舌、と言う面も、他の視点から見れば噺家さん特有の
    洒落、ということになるのかな、とも思ってみたり。

    そんな談志さんが元々、亡くなった小さんさんの弟子だったというのは知らなかった。
    協会から離れたときの大まかな事は知っていたけど、今回この本を読んだことで
    知ったこともあって。
    で、著者の談春さんが真打ちに上がる前、小さんさんに落語会にゲスト出演してもらおう、と
    考え、小さんさんの孫である花緑さんとのやりとりする場面がある。
    それ以降の流れが、すごくよかった。
    特に表向きは袂を分かった形である小さんさんと談志さん、この二人が相対する場面は
    ないのだけれど、その関係は破門という形をとっていてもやはり師匠と弟子で、
    どこか深いところで繋がっている感じがして、読んでいてゾクゾクした。

    あ、そうそう。
    本のタイトルになっている「赤めだか」。
    前座時代の逸話からのエピソードなのだけど、ちょっとね、その場面って嵐さん達のいる
    事務所のデビュー組とそうならずに去っていく人の対比にも少し似てるような
    気がしたのですよ。
    続けたくてもやめていく人がいる。
    その人達の想いとか、何かを、残った人たちは託されてるんだな、って。

    潤くんがラジオで
    今まで読んだ中で一番おもしろかった
    みたいなことを言ってて、私はそこまでではなかったけど(オイッ)、おもしろく
    読めたことは事実だなぁ。
    なんで、この人が出たときの情熱大陸見なかったんだろう、と後悔したぐらいだし(笑)
    読書 21:08 comments(0)
    スポンサーサイト
    0
      - 21:08 -
      COMMENT









      CALENDAR
      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>
      Twitter
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      読書メーター
      ヒロの最近読んだ本
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      RECOMMEND
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      メールフォーム
      PROFILE


      SPONSORED LINKS